MLB

きょうの、マックス・シャーザー(Max Scherzer)
ロサンゼルス・ドジャース(Los Angeles Dodgers)
2021.10.17 アトランタ・ブレーブス戦

リーグチャンピオンシップ・シリーズ-2

きょうの、マックス・シャーザー(Max Scherzer) 2021.10.17

マックス・シャーザーは、
7月末、トレードデッドラインで、ワシントン・ナショナルズからトレイ・ターナーと共に移籍。
昨年のサイ・ヤング賞投手トレバー・バウワーが不祥事で離脱している穴を埋める以外にもライバル球団に獲らせなかったこのトレードはドジャースにとって大成功だったようです。
移籍後も絶好調のシャーザー、11試合に登板し7勝無敗、防御率は1.98!
ナショナルズの成績を通算すると、15勝4敗、防御率2.46、奪三振236個、WHIP0.86!
ナ・リーグのサイ・ヤング賞有力候補・・・?

ポストシーズンに入り、すでに3試合に登板、先発2試合+抑えで1試合、
信頼されているがゆえに出場回数も多くなっています。

きょうは、アトランタ・ブレーブスとのリーグチャンピオンシップシリーズの2試合目・・・
ポストシーズン4試合目、その登板内容は・・・・、

立ち上がり良好、チームも初回2点先制、
でしたが、4回四球のランナーを置いて2ランホームランを打たれ同点にされてしまいました。

ポストシーズンのため、早めの継投、5回1死79球で降板、

チームは、リーグチャンピオンシップ・シリーズの1・2戦ともサヨナラ負けで連敗、
ホームに戻っての3連戦で挽回なるか?
展開によってはシャーザーの出番はまた来るでしょう!

いつも凄い気迫!
ドジャースは獲得して良かったですね!

マックス・シャーザー(Max Scherzer) #31

マックス・シャーザー(Max Scherzer) は、1984年生まれ、2006年MLBドラフトで1巡目(全体11位)でダイヤモンドバックスに入団、2008年メジャーデビューし2009年には先発投手として安定、2010年にタイガースへトレード、2015年にFAでナショナルズと7年2億1000万ドルで契約、今年(2021年)が契約最終年、夏のトレードデッドラインに、ナ・リーグ西地区の3球団の争奪戦の結果、ドジャースに入団、2021年のオールスターではナ・リーグの先発投手として登板。
サイ・ヤング賞3回(2013・2016・2017)、最多勝利4回(2013・2014・2016・2018)、最多奪三振3回(2016・2017・2018)のMLBを代表する怪物ピッチャー!!

シーズン中にメジャー3,000奪三振達成!!
4度目の「サイ・ヤング賞」いける?

37歳のシャーザーは、シーズンオフにFAとなり、
その動向は要注目です!!